SNS

エネルギー問題は HDD( ハードディスク ) 大容量化が鍵を握る!? HDDの技術革新を徹底解説!

エネルギー問題が顕在化している中、情報化社会の進展で、データーセンターは世界的に全エネルギー消費量の約10% しかも年率10%増加しています。

データセンターのエネルギー消費の約60%は機器の発熱によるエアコン。 機器自体の発熱を減らせば、空調電力も下がり一石二鳥となります。

機器の発熱は主に 演算部とストレージ。 演算部はDPU化で省電力に。

ストレージの主役 ニアラインのHDD( ハードディスク ) の消費電力を抑えるには、大容量化により台数を抑えることです。 どのように大容量化するかの技術、さらには使用するヘリウムを量子水素発電で生成されるヘリウムを活用。

日本の技術が役立ちます! 是非ご覧ください!

関連記事一覧